最新情報

2018/06/22
インフォメーションはありません。
 関係各位
  この度、弊社及び弊社関係者に対する、度々なる真実と異なり過ぎる嫌がらせ記事を書いてきた山岡俊介なるブラックジャーナリスト兼反社会勢力関係者(暴力団関係)が正義なる裁判官により罰せられました事を報告致します。 今後、刑事・民事(名譽毀損、信用毀損、威力業務妨害、損害賠償請、その他)一切の告訴を山岡俊介及び関係する人物に対し徹底的に致します。(弁護士・各當局機関協議)
  過去、山岡俊介なるブラックジャーナリスト兼反社会勢力関係者(暴力団関係)の協力者による金員請求を拒否した結果として長年にわたる事実と異なり過ぎる(現場・現地の取材一切なし)信用に欠け過ぎるデタラメな(関係者と稱する噂話を妄想で書く)記事により御迷惑、御心配をおかけ致しました方々には心よりお詫び致します。
  また、山岡俊介なるブラックジャーナリスト兼反社会勢力関係者(暴力団関係)の関係記事を信用することのないように御注意お願い致します。
  真実は当事者同士しかわかりませんが、山岡俊介なるブラックジャーナリスト兼反社会勢力関係者(暴力団関係)は、あたかも当事者のように掲載しておりますが一切何の関係もありません。
  山岡俊介なるブラックジャーナリスト兼反社会勢力関係者(暴力団関係)は、一方的な(関係者と稱する噂話を妄想で書く)取材のみであり弊社に対する取材(現場・現地の取材)は一切ありません。


アクセスジャーナル

※ 日本で最も著名なブラックジャーナリスト山岡俊介氏完全敗訴の全て。

※ 日本で最も著名なブラックジャーナリスト山岡俊介氏に対し、完全勝訴しております。

※ 起訴命令に基づき、山岡俊介へ1200万円の損害賠償請求を提訴

※ 山岡俊介完全敗訴への軌跡。決定書を公開する その1

※ 「負ける気しなかった」。そして新王者佐藤昇が誕生した

※ 正義を装うジャーナリスト・山岡俊介の仮面の下の素顔 その1

※ アクセスジャーナルの山岡俊介氏への告発投稿文が多く寄せられて着ました

※ ジャーナリスト山岡俊介が「武富士」事件で全面自供情報源を警察・司法権力に売り渡していた

※ ジャーナリスト山岡俊介が「武富士」事件で全面自供情報源を警察・司法権力に売り渡していた(2)

※ 山岡俊介がモック・生田澄子氏の提灯記事≠連続掲載

※ 東理Hの訴訟取下げで妙な言い訳≠始めた山岡俊介

※ ジャーナリスト山岡俊介が「大チョンボ」

※ 生田提灯記事を掲載したジャーナリスト山岡俊介の茶番劇

※ 山岡パシコン¢i訟の主任弁護士は投資会社「サンラ・ワールド」の顧問

※ 本誌記事を臆面もなくパクり始めたアクセスジャーナル山岡俊介

※ 道化役者≠演じるアクセスジャーナル山岡俊介

※ ついに「時事評論家」増田俊男も年貢の納め時≠ゥ!?

※ アクセスジャーナル山岡俊介に「デッチ上げ」疑惑が急浮上

※ アクセスジャーナル山岡俊介の「デッチ上げ記事」が決定的に

※ ジェイオー建設vs日本エスコン訴訟で怪情報≠タレ流すアクセス・ジャーナル山岡俊介

※ アクセス・ジャーナル山岡俊介が「名誉棄損罪」で書類送検

※ アクセスジャーナル山岡俊介に絡む文書が本誌に送付

※ ブラックライター山岡俊介の「完全打倒」を宣言

※ ブラックライター山岡俊介の知られざる生態(1)

※ ブラックライター山岡俊介の本誌過去記事を全面削除へ

※ ついに二階堂ドットコムからも「バカ野郎」扱いのゴミライター山岡俊介

※ ゴミライター山岡俊介がJ−CIAの「北朝鮮情報」を再び盗用

※ 犯罪常習者の事件屋「大塚万吉」が夕刊紙『内外タイムス』の実権を掌握

※ 田邊勝己弁護士vsアクセス山岡俊介「訴訟」

※ 犯罪常習者の事件屋・大塚万吉ら、『内外タイムス』から追放に

※ アクセスジャーナル山岡俊介、裁判所から突っ返された「準備書面」のとんでもない中身

※ アクセスジャーナル山岡俊介に「記事削除」の仮処分決定

※ アクセスジャーナル山岡、「デッチ上げ情報」でトランスデジタルの捜査を撹乱

※ アクセスジャーナル山岡と金融ブローカー関塚聖一

※ 山岡俊介と関塚聖一、アイビーダイワでの目論みが完全に破綻へ

※ ブラックライター山岡俊介の「真骨頂」、異様な「未登記」物件を事務所化

※ ブラックライター山岡俊介の厚顔無恥、「強奪」した武富士内部資料を堂々と掲載

※ 犯罪常習者の事件屋・大塚万吉が三重県警に逮捕

※ ブラックライター山岡俊介が「INAX」絡みの中傷記事を削除、これは自らの関与を「自白」したようなもの

※ 犯罪常習者・大塚万吉、「行確」とは露知らず所轄署近くの路上で「確保」される間抜けぶり

※ ブラックライター山岡俊介に「公開質問状」を送付、「INAX」信用毀損事件で

※ ブラック山岡と連動する事件屋・関塚聖一、アイビーダイワ絡みで訴えられる

※ ブラックライター山岡俊介、INAX事件で「完落ち」

※ 「INAX」名誉毀損事件で起訴の事件屋・大塚万吉、今度は「土地のパクリ」で民事訴訟

※ 名誉棄損常習被告、山岡俊介の蹉跌@

※ 名誉棄損常習被告、山岡俊介の蹉跌A

※ 名誉棄損常習被告、山岡俊介の蹉跌B

※ 名誉棄損常習被告、山岡俊介の蹉跌C

※ 名誉棄損常習被告、山岡俊介の蹉跌D

※ 名誉棄損常習被告、山岡俊介の蹉跌E

※ 山岡俊介氏と朴茂生と2000億パチンコ脱税

※ 山岡俊介、武富士から3200万円受領の事実

※ 山岡俊介氏を誹謗中傷する記事に関連し「武富士から現金を提供」

※ 山岡俊介氏が「武富士」事件で全面自供

Root : HOME : ▲PAGE TOPに戻る

 
 

アクセスジャーナル

アクセスジャーナル

アクセスジャーナル